国産種鶏【丹精國鶏(はりま)】の生産


日本の養鶏について (出典:生活クラブHPより抜粋)

戦後の日本では庭先で鶏を飼い、卵を採った後は肉を食べる「卵肉兼用」が主流でした。

1960年代以降、肉専用の「肉用鶏」の輸入自由化をきっかけに、卵をとるための品種「採卵鶏」と肉を食べるための品種「肉用鶏」に分けて育てるようになりました。外国で育種改良された鶏を輸入し日本で育てるという仕組みが広まります。

現在、国内で食べられている鶏のうち外国鶏種は98%を占め、国産鶏種はわずか2%にすぎません。日本の気候風土に根付いた地鶏は、おいしいけれど価格が高く、日常的に食べられるものにはなっていません。

イシイは、(独)家畜改良センター兵庫牧場で育種開発された国産鶏種(親鶏)の交配と孵化を行い、ヒナを鶏肉生産者(秋川牧園や群馬農協チキンフーズ、オンダン農協)へ出荷しています。

鶏は、生産と消費のバランスに合わせて羽数を調整する必要があります。しかし「はりま」は外国鶏種とは違い、生産数が少なく出荷先も限定されているので、生産と供給に過不足が生じた時、他から補充したり転売したりすることができません。

そのため常に1割から2割、必要数より多くのヒナを生産しています。求められる「はりま」の羽数をきちんと届けられるように、限られた親鶏をきっちり飼育して絶やさないように。私たちはまずそこに気を遣っています。

このように、外国鶏種に比べると難しさはありますが、代替がきかない国産鶏種であることこそが「はりま」の価値でもあります。年間200万羽の生産と消費は、採算がとれる最低ラインです。一羽でも多く食べてもらえるように努力して育てていきたいと思っています。

※国産鶏種:在来種または在来種の血が50%以上で飼育期間や飼育方法を定めた「地鶏」(「阿波尾鶏」「名古屋コーチン」「比内地鶏」等)と、日本国内で育種開発され3世代以上にわたって日本で飼育された肉用鶏種(「はりま」「たつの」等)があります。

◎国産鶏種と外国鶏種のシェア(2017年1月現在)(出典:家畜改良センター兵庫牧場HPより)

「丹精國鶏」(国産鶏種「はりま」)が届くまで

生活クラブでは、国内で育種改良をおこない、
日本の気候風土にあった改良のできる
「国産鶏種」を取り組んでいます。
育種改良を行う独立行政法人家畜改良センター
兵庫牧場、はりまのヒナの孵卵を担う(株)イシイ、
鶏肉生産者が力を合わせて育てています。
(出典:生活クラブHPより抜粋)